カステッロ・ディ・モンサント


Castello di Monsanto

カステッロ・ディ・モンサント
イタリア・トスカーナ

カステッロ・ディ・モンサントは、トスカーナでクオリティの高い
キャンティを造る生産者です。

歴史は1961年、創業者ファブリッチオ・ビアンキ氏が購入したエルサ渓谷の頂上にある、
18世紀のお城に付属していたブドウ畑でワインを造ったことに始まります。

所有する畑は72ha、標高は250-310m。
エルサ渓谷に面する畑は常に空気の流れがあるため、昼夜の寒暖差があり、
酸やタンニンの存在感があるブドウを造ることが出来ます。

1986年には、古代エルトリア様式のアート構造を持った樽熟成庫を完成させます。
225Lのオーク樽を1500樽静置できる大規模な空間となります。
そして1996年には、醸造所に革新的なコーン型のステンレスタンクを設置。
冷却・加熱の機能がついており、タンク内の液に対流を起こすことが出来ます。

ワインの質を向上させるべく、努力を惜しまない蔵です。

商品名: Nemo Vigneto Il Mulino 1997 Castello di Monsanto
8591●750ml ネモ 1997年 カステッロ・ディ・モンサント
容量: 750ML
数量:
単価: 税抜¥37,000/税込¥40,700 

著名なジャーナリスト、ルイジ ヴェロネッリ氏から「あなたほどの人がなぜカベルネを造らないのか?」と言われたのが
きっかけで、造り始めたキュヴェです。

1976年理想的な西向きの単一畑「イル ムリーノ」でカベルネ・ソーヴィニョンの栽培を始めました。
そして、1984年キャンティ・クラシコ地区で初めて、カベルネ ソーヴィニョンの単一ワインを発表。

ワイン名「NEMO」はNemo Propheta in Partia(=預言者故郷に容れられず)、という意味のラテン語から由来しています。
「地元では誰も理解してくれる人はいない」、「誰も自分の愛国心は奪えない」という、意味が込められています。。



 メールマガジン登録はこちらから



たくさんのご注文お待ちしております。

(株)土浦鈴木屋
土浦市田中1-7-15
Tel029-821-1938
Fax029-825-2661
E-Mail:key@suzukiya.jp
URL:http://www.suzukiya.jp
毎週日曜日は定休日